So-net無料ブログ作成

正月クライミングは日和田で [国内クライミング]

1月2日と3日は日和田でクライミングしました。2日は大変空いており、暖かく気持ち良い1年のスタートでした。例により女岩西面からスタート。
こちらは親子で参加 左ルートに娘さん、右ルートにお母さんです
画像 1172.jpg
こちらは兄弟でビレー
画像 1173.jpg

夜は福生駅近くの居酒屋でおいしい酒をいただきました。
翌3日はひどく混雑しておりました。女岩、男岩ともにトップロープのすだれ状態。こんなの久しぶりに見ました。
我々は初心者もいたので、男岩南面のやさしいルートを空いている時にリード・フォロー・ラッペルの繰り返し。西面も登りたかったですが、トップロープでアイゼン履いている人が接近して登っていたり、(またこのアイゼンクライミングが非常に下手で振られて落ちてくるので近づくのも怖く・・・)、しまいにアックス持ってドライの真似ごとまで始めて勘弁してくれという感じ。さすがに御大Hガイドが注意されていました。
もう少し、基本的な練習をしてからアイゼンとかアックスを持ってクライミングすればいいと思うのですが・・・。岩場の上へ行けば、安全環を使わずにビレー器を使用したり、トップロープの支点も非常にプアです。何とかならないものでしょうか。致命的なものには注意するようにしていますが、全てに対して物を言う立場でも時間もないのです。私は昔、山岳会の先輩達から厳しく基本を叩き込まれましたが、見ていて今の山岳会はリーダーや指導層のレベルが非常に下がっている感があります。
現在、奥武蔵の岩場は少しづつ使用禁止のエリアが増えてきています。日和田も決して将来的に楽観できない状態です。大切に、安全に使いたい岩場です。自分の技術に危険はないか、もっと良い技術がないのか、一人ひとりが基本に立ち返って検証しなければなりません。自戒を込めて、新年の誓いです。
あと、混雑している岩場でタバコはやめてもらえませんか。吸わない人にはとても辛いです。風向きに気を使って隅で吸ってください。私も前は吸っていましたが、他人には気を使っていたつもりです。

これが危険ではないのでしょうか(写真右上にはアイゼン、アックスを持った人が上にいて落ちまくってます)
ちなみに写真と本文は関係ありません
画像 1174.jpg

やっぱりクライミングは平日の空いたときに、マイペースで登りたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。